×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「流しそうめん……?」

聞きなれない言葉に、困惑した顔を新聞あげる。

「そう、今夜、それをしたいと思ってるの。だから、兄さんに折り入って頼み事があるんだけど……」

昔からそうだが、妹の「折り入って」の頼み事というのは、ろくなことにはならない。
しかし、にっこりと微笑む妹の顔に、ダッジは断ることができなかった。





――その頼み事、というのはつまりのところ。

「竹を運んで来い、というわけだったんだな……」

ダッジは急斜面の山道を、荷車を押して登っている。
荷車には竹が積んであり、ロープできゅっと固定してある。

暑い夏の正午に、重たい竹を運ぶのは重労働だ。
竹がすでに割ってもらっているのが、せめての救いだろうか。
ダッジは腕で汗を拭った。
その拍子に荷車が後ろへ下がり、脇腹を強打した。

たまには外でご飯を食べよう、皆を誘って食べよう、珍しいことをしよう。
それで、流しそうめんをすることになったのだ。

「流しそうめん」という言葉は聞いたことはある。
しかし、それが何なのかまでは分からない。

―― 一体、何を流すのだか。

見たことはないが、全体的な想像はついていた。
流すからにはつるつるした物だろう。味気のないゼリーとかそんなものだろうか。

ダッジは考えを巡らしながら、山頂のキャンプ場へよろよろと向かった。





「いやぁ、お呼ばれしていただいて、ありがとうございます」

太陽もだいぶ沈んだ夕方に、コルトはやって来た。
手土産のスイカを、ウィオラへ渡す。

「いいんですよ、無愛想な兄と食べても楽しくないですから」

「………」

ダッジは何も聞こえてないようで黙々と竹を繋げていたが、コルトは竹がばらっと手元から崩れるのを見た。

「流しそうめんなんて、風情のあることだ」

パブスは時間より早く来ており――ダッジがキャンプ場に着いたときはすでにいた――わくわくとしながら、
そうめんを湯がいている。
かっぽう着を着ているのがとても嫌だとダッジは思った。

「……ところで兄さん」

ウィオラはちらっとダッジの方に視線を転じた。

「一体何をつくっているの?」

「そうめんを流す台を」

「どこらへんが!」

何をどうしたらそうなるのか。
ダッジはいつになく器用さを発揮して、竹を渦巻き状に繋げている。
さながら蚊取り線香。

「そうめんの流し台は、一直線につなぐものなのよ!」

「……渦巻きだろ?」

ダッジは腰を叩きながら立ち上がると、苦労して作った流し台を見下ろした。
無言で見続ける。

「……流すぞ!」

「渦巻きでしたら、中心に流れたそうめんが食べられませんよ、ダッジさん!」

「その時は俺が食べる!」

コルトが止めるもむなしく。
ダッジは勢いで話しを終わらせた。

竹を運ぶ作業に、繋げる作業。
体はあちこち強張り、ダッジはへとへとだった。
作り直す余力なんてものはない。

「いや、この形は案外いいアイディアかも知れん」

ぴしっぴしっという音。
パブスはそうめんの水を切りながら近づいてきた。
ダッジは視界の端でかっぽう着がちらついて、イライラした。

「渦巻き状だと互いの顔を向かい合わせることができる。
これは友好関係を深める上で便利な形じゃないだろうか」

直線でも向かい合わせぐらいできるんじゃ……と皆は思ったが、誰も口にはしなかった。

「これから作り直しても遅くなるし……渦巻きでするしかないみたいね」

ウィオラがしぶしぶながら呟いた。
空はまだ茜色だが、薄っすらと紫が混じっている。

そうこうして、流しそうめんは始まることになった。



>> 続き