×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いつもの時間。
毎日繰り返す、いつもの朝に起きる時間。

に、今日は寝過ごした。





「おはよう、リオ」

「おそよう、ファン」

ファンが居間に行くと、リオはとっくに朝食を済ましていて、お茶を飲んでいるところだった。
寝癖のついた頭を撫でつけながら――撫でつけてもいつも癖毛ではねはするのだが――ファンは向かい側に座った。

「ゴーレムはどこにいったんだろう? いつもちゃんと起こしてくれるのに」

「ゴーレムは、さっき、お医者さんに行ったの。昨日から、お腹が痛いって言ってたから……」

モンスターと話しが出来ないファンは、時々、こうしてリオがちょっぴり羨ましくなる。
自分もモンスターと話しが出来たら、もっとモンスターの気持ちや体調が分かるのに。
しかし、ゴーレムに腹痛なんてあるのか疑問だ。

「さて、僕も朝ごはんにして、はやくトレーニングを始めないと! だいぶ寝過ごしちゃったし」

ファンは立ち上がると、台所へ朝食をとりに行った。
かたん、という物音が台所からした。

ファンはハッとすると、さっと物陰に隠れた。
台所に、誰かいる。
泥棒だろうか。そういえば、最近この辺で空き巣が多いってチェザーレさんが言っていた。

――刃物を持っていたらどうしよう。
ファンは迷った。
しかし、そのまま逃がすわけにも行かない。

ファンは、ぱっと台所へ駆け込んだ。
台所にいたのは――

モンスター達だった。

「あ! こら! 何してるんだ!」

ファンの怒鳴り声に、ガルゥとモッチーがさっと振り返った。
毛並みが醤油で濡れている。
床には空の皿と醤油びんがごろり。

「やったな、ガルゥ、モッチー!」

皿には美味しく半熟に焼けた目玉焼きがのっていたに違いない。
が、その姿はどこにも無く、ガルゥとモッチーに美味しくいただかれてしまった後だった。

「人の目玉焼きを食べるなんて……って、あ!」

部屋の隅っこで、ほっぺをぱんぱんに膨らましてにやりと笑っているライガーがいた。
床に茶碗が転がっている。

「ライガー! どうして僕のご飯を食べてるんだ!」

叱ろうとするファンの横を、ライガーは余裕でさっとすり抜けた。
廊下でちらっと振り返っては、だっと逃げていく。

「ライガー!」

ファンは悔しさに地団太を踏んだ。



続く