×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「この焼き魚、何か足りないと思ったら」

あじの塩焼きを食べながら、ジュリオがぽつりと独り言を言った。

「大根おろしがないんだ」

テーブルを囲んでの夕食の中、今日の食事当番だったドッティは、茶碗から顔を上げた。

「大根おろしだと?」

ドッティはふんと鼻を鳴らした。

「あんな辛いもの、美味しくないではないか!
おろすのにも一苦労だし……。
あじはそのままでもおいしいからいいのだ」

「分かってませんね、ドッティ」

ぺたぺたとアルベルトはご飯のおかわりをよそった。
それからドッティに向き直り、スピーチを始める。

「大根の先のほうを使うから辛くなるんです。上の部分を使えば辛くないですよ」

「詳しいんだね」

「兄さんに教えてもらいました」

あじの骨をとりながら、あの植物好きの兄なら確かに詳しそうだなぁ……とジュリオは赤シャチの顔を思いうかべた。

「大根のおろし方を教えてあげましょう。さ、台所へ来なさい」

「ほら、台所だって言ってるぞ、マイパートナー!」

ドッティはジュリオをひじで軽くつついた。
ジュリオはあじの骨を慎重にとっている。

ジュリオは視線を、あじからドッティへ移した。
じっと、ドッティを眺める。

ドッティは皆の方へ視線を巡らした。
皆、食べる手を休めてドッティを凝視している。
ゴフレだけは仮面でよく分からない。

「ほら、早くしなさい、ドッティ。何をしてるんですか」

台所ののれんから顔を突き出し名前を呼ぶアルベルトに、ええっとドッティは素っ頓狂な声を上げた。

「わ、私に言っているのか!」

「大根の極意を知りたいんでしょう?」

「そ、そんな火の極意とかモンスターの特徴っぽく言わないでくれ!
私は大根などおろさんぞ。私は祐所正しきバロン男爵なのだからな!」

椅子から腰を上げようとしないドッティに、ティコとマレーネは茶碗をおいた。

「もう、諦めて大根おろしてきなよ。ちょっとするだけじゃん」

「そうよ〜諦めが悪いわよ! 大根なんて、すぐおろせるじゃない♪」

――ちょっと大根をおろすだけ。

ドッティはアルベルトの方を見た。
アルベルトはのれんから手だけを出して、手招きをしている。

なんとなく、嫌な予感がする。



「駄目です! 大根の繊維を意識しながら、垂直におろすんです!」

「ま、まだおろすのか……?」

修羅場と化した台所。
必死で大根をおろすドッティの姿と、鬼のようなコーチの姿があった。

「て、手が痺れてきたのだが……」

「手首を使いながらおろさないから痺れるんです! さあ、もう一本頑張りなさい!」

皆、もうとっくにご飯食べ終わったんじゃないだろうか。
とほほと思うドッティの耳に、のれん越しに「ごちそうさま」という声が聞こえた。