×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サーカス内では、朝食と昼食はアルベルトが作ってくれるが、夕食は日替わりの当番制になっている。
夕食当番はその日の献立をホワイトボードに書くのが習慣だ。
そして今日、ホワイトボードにはこう書いてあった。

闇鍋。



「おい、今日の夕食当番は誰なのだ……」
「ちょっと、誰が闇鍋なんて書いたのよ……」
「なんて書いてあるの、ゴフ? ボク、難しくって読めないよー」
「なんか、不吉なこと、書いて、ある……」
「誰よ〜こんな献立立てたの〜?」
「きょ、今日の献立は、えらく珍しいものですね……」

「あれ、皆、どうしたの?」

一同が振り返ると、そこにはジュリオがいた。
ナユタはちょっとちょっと、とジュリオを手招きした。

「見て、今日の献立、闇鍋だって。誰のいたずらかしら?」
「え? いらずらじゃないけど……」

ざっと、ジュリオの周りから皆が一歩引く。
ジュリオは、怪訝そうな顔をした。

「何、どうしたの? 皆鍋嫌いだっけ?」

「い、いや、鍋は好きなのですが……ジュリオ、今日はその……別なものにしませんか?
鍋にするにはいささか暖かすぎるようですし……」

「そうかな。外は寒かったけど……」

ジュリオはそれに、と言って、両腕に抱えていたものを持ち上げた。

「皆で食べれるように、大きい土鍋も買ってきたんだ! 今までのはちょっと小さかったしね」

「あー、その、トンガリ君……」

ドッティがジュリオを止めようとする。
が、なかなか言葉が見つからない。
どもるドッティと首を傾げるジュリオの間に、ティコが割って入った。

「皆何の話をしてるの? ヤミナベって何?
甘いの? 辛いの? 美味しいの?
ボク、食べてみたいなぁ!」

「しっ! おだまりなさい!」

マレーネがティコの口を慌ててふさぐ。が、遅かった。
ジュリオはぱっと顔を輝かせると、にこにこと笑う。

「ティコ、僕、腕によりをかけるからね! うんと美味しいのを作るよ!」

皆が止めるより早く、ジュリオがはりきりながら台所へ入っていく。
皆は憂鬱そうな顔で、互いの顔を見合わせた。



「要するにだな、変な物を持ち寄らなければいいのだ」

顔を寄せ合いながらの密談。
議題はもちろん闇鍋阻止。

「闇鍋は材料を持ち寄る料理ですからね。普通のものを持ち寄れば、大変なことにもならないでしょう」



続く