×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キュー  「今回は二段構えについて。司会は私キューと」

コルト  「ゲストは私コルトだよ」

キュー  「攻撃ってどのモンスターに当てるか大事よね。
      回避された時って、すごく痛いじゃない?」

コルト  「終盤なんか、勝つか負けるかにも響くしね。
      そんなキューに問題! じゃじゃん!」

キュー  「えっ!? 何?」

コルト  「味方にピクシーとモッチーがいます。手持ちガッツは2。
      手元の技カードには『体当たり』と、『ローリン』と『キック』があります。
      相手のモンスターに4ダメージ当てる場合、
      『体当たり』を使うのと、『ローリン』+『キック』を使うの、どっちが有利でしょう?」

※ 『体当たり』 …… ピクシー/力技 2G4D 技が当たった場合、ピクシーに1ダメージ
  『キック』   …… ピクシー/力技 1G2D
  『ローリン』  …… モッチー/力技 1G2D

キュー  「うーん……『体当たり』は自爆するから…『ローリン』+『キック』?」

コルト  「正解! でも、それだけの理由じゃないんだよね」

キュー  「と、言うと?」

コルト  「もし相手のモンスターが回避カードを持ってた場合、避けられるから『体当たり』でダメージを当てられないよね。
      でも、『ローリン』で回避カードを使わせた後『キック』を使えば、2ダメージは確実に当てられるじゃない?」

キュー  「二段構えはダメージを当てやすいってことね」

コルト  「そうなんだ。もし2回とも回避されても、2枚カードを捨てさせることができるじゃない?
      1G2Dのカードはこういう時とかによく使えるから、チームに入れてると便利だよ」

キュー  「ありがとう、コルト。技を当てる時は二回に分けて当てるといいのね。
      それじゃあ、今回はこのへんでお終いね!」

コルト  「また次回お会いしましょう〜!」